栃木県支部の事務局と会員構成
 1973年に「小児てんかんの子どもをもつ親の会」と「てんかんの患者を守る会」が別々に発足しました。その後2つの団体は話し合いを重ね、1976年に2つの団体が統合されて「日本てんかん協会」(別名/波の会)となり、1981年に厚生大臣より社団法人日本てんかん協会として認可されました。現在、各都道府県に支部があります。
 栃木県支部は、1983年に支部準備会が設立され、1987年に支部になりました。支部設立時の会員数は65名でした。支部設立5周年にあたる1992年には、第19回全国大会(栃木)を主催しました。平成8年度から平成10年度までは「地域精神保健福祉対策促進事業」、平成11年度から平成14年度までは「障害者の明るいくらし促進事業」、平成15年度から平成18年度前期までは「障害者社会参加統合推進事業」、平成18年度後期から「地域生活支援事業」を栃木県の委託事業として受けています。
事務局
〒320-0074 栃木県宇都宮市細谷町684−18 鈴木勇二(事務局長)方
TEL&FAX 028−627−9006  E-mail 栃木県支部事務局

 事務局は個人宅のため、訪問していただいても相談等をお断りしています。
 今年度中にとちぎ福祉プラザ内に事務所を移転します。事務所開設が完了
 しましたら、改めてご案内いたします。