2016年

鹿沼6学童死亡事故から5年
適性相談増加は厳罰化の効果?(4月17日)

2015年

今日で4年、まだある運転免許の不正取得
(4月18日)

2014年

公安委員会への任意の届出ガイドライン
日本医師会が公表(9月10日)

特定の病気による事故
札幌地裁で判決(9月2日)

自動車運転処罰法の初適用
懲役2年を求刑(8月12日)

てんかん協会が声明
改正道交法の施行日に(6月1日)

急病事故の調査分析報告書
交通事故総合分析センター(5月16日)

「自動車運転死傷行為等の処罰法」
5月20日施行(4月18日)

「死傷行為等の処罰法施行令案」
協会がパブコメ提出(3月26日)

2013年

施行令案のパブコメ提出
日本てんかん協会(3月26日)

危険運転致死傷処罰法案
参議院で全会一致可決(11月20日)

危険運転致死傷処罰法案
参議院法務委員会(11月14日)

危険運転致死傷処罰法案
8学会が要望書(11月6日)

危険運転致死傷処罰法案
衆議院で可決(11月5日)

法務委員会で参考人として発言
危険運転致死傷処罰法案(11月1日)

危険運転致死傷処罰法案
7学会が要望書(9月30日)

睡眠時無呼吸症候群の影響は?
関越道バス事故初公判(7月23日)

危険運転致死傷処罰法案
衆議院法務委員会で審議(6月21日)

危険運転致死傷処罰法案の慎重審議を
てんかん協会が要望書(6月13日)

てんかん協会が声明
道交法改正法案が成立で(6月7日)

道交法改正法案が成立
衆議院内閣委員会で可決(6月7日)

道交法改正法案
参議院で全会一致可決(5月17日)

道交法改正法案
参議院内閣委員会で可決(5月16日)

病気や障害と自動車社会の共存
緊急シンポジウムを開催(5月11日)

鹿沼事故賠償裁判は判決確定
いずれも控訴せず(5月9日)

母親は控訴せず
鹿沼事故賠償(5月5日)

病気や障害と自動車社会の共存
緊急シンポジウム案内(4月25日)

「鹿沼事故」賠償請求で判決
被告三者で1億2千万円(4月24日)

慎重審議を求める署名
自動車運転に係る2法案(4月16日)

鹿沼クレーン車事故から2年
(4月18日)

栃木県内の免許取り消し・停止
2012年は75人(4月16日)

危険運転致死傷罪の新法案
閣議決定、国会へ(4月12日)

第7回議事録
刑事法部会(4月2日)

てんかん発作隠し運転免許取得
不起訴処分に(3月30日)

罰則強化の道交法改正法案を閣議決定
(3月29日)

睡眠障害による死傷事故
首都高と関越道の事故原因(3月28日)

2011年鹿児島死傷事故
3,440万円で和解(3月19日)

第5回・6回の議事録
刑事法部会(3月19日)

刑事法部会答申の要綱を承認
法制審議会総会(3月15日)

祇園事故で京都府警に質問書
日本てんかん協会(3月12日)

日本うつ病学会が反対
死傷事犯の罰則整備提案に(3月5日)

道路交通法改正試案パブコメ
てんかん協会が提出(2月26日)

危険運転等見直し要綱案
第7回部会資料を公表(2月21日)

道路交通法改正試案
意見募集を開始(2月15日)

第4回刑事法部会議事録
中間類型の法定刑など(2月8日)

虚血性心疾患が原因
小山市の追突死亡事故(2月5日)

事務局試案
刑事法部会で二巡目の議論(1月25日)

事務局試案
刑事法部会に提出(1月16日)

てんかん協会が要望書
刑事法部会に提出(1月15日)

悪質運転罰則強化か
法務省の法改正原案(1月12日)

2012年

危険運転と運転過失の「中間型」新設か
法制審議会第4回部会(12月18日)

意識喪失を伴う病気等
法制審議会第3回部会(12月4日)

自動車運転致死傷罪
法制審議会第2回部会(11月30日)

てんかんの医師の許不正取得
立件見送り(11月29日)

有識者検討会の提言に抗議声明
全国「精神病」者集団(11月22日)

「認知症による事故」と誤り
京都地検で不起訴(11月22日)

鹿沼事故の賠償訴訟
宇都宮地裁で(11月21日)

祇園暴走、てんかん発作と判断
書類送検へ(11月14日)

糖尿病患者による死亡事故
水戸地裁で禁錮6年の判決(11月6日)

法制審が13団体からヒアリング
鹿沼・亀岡の遺族らも(10月25・26日)

有識者検討会の提言
国家公安委員長に提出(10月25日)

有識者検討会の提言
警察庁への答申は25日(10月16日)

いまだ原因解明に至らず
祇園暴走事故(10月12日)

運転免許制度見直しを提言
日本てんかん学会(10月11日)

自動車運転致死傷罪
法制審議会が検討開始(10月2日)

高次脳機能障害が原因か
祇園死亡事故(9月17日)

第5回有識者検討会
「提言」の素案を議論(9月19日)

第4回有識者検討会
「一定の病気」で議論(8月28日・9月14日)

第3回有識者検討会
議事概要を発表(8月10日)

危険運転致死傷罪の超党派の会
刑法と道交法の改正案(8月7日)

四日市事故の賠償訴訟
中国籍被害者の両親(8月7日)

危険運転罪の法改正の検討
衆院法務委員会で(8月3日)

第3回有識者検討会
医師の通報制度について議論(7月26日)

申告せず免許証を更新
医師に逮捕状(7月4日)

第2回有識者会議
確実な申告方策を審議(6月26日)

米商務長官が辞任
発作による追突事故で(6月22日)

転院・転医の際には注意を
紹介状に発作消失期間を(6月22日)

運転免許制度見直し
有識者検討会が初会合(6月5日)

運転免許制度見直し
有識者会議を設置(5月31日)

運転免許と欠格条項で声明
日本障害フォーラム(JDF)(5月28日)

民主党がヒアリングの初会合
鹿沼遺族会と協会が出席(5月16日)

佐賀県での免許更新時の申告状況
(5月15日)

四日市踏切死亡事故
二審でも実刑判決(5月10日)

栃木県警から協力依頼
県免許センターと意見交換(5月9日)

二審でも禁固2年の実刑
松江市での2名死傷事故(4月27日)

警察庁に有識者懇談会
免許制度の改正検討(4月20日)

日本てんかん学会が声明
免許条件の厳守を(4月20日)

鹿沼クレーン車事故から1年
(4月18日)

京都で8名の死亡事故
運転者はてんかん治療中(4月13日)

鹿沼クレーン車事故遺族会
厳罰化の要望書提出(4月9日)

日本てんかん協会
要望書提出(4月9日)

物損事故データベース
栃木県警が運用開始(3月30日)

法改正署名10万人超える
鹿沼事故遺族の会(3月25日)

低血糖症によるひき逃げに無罪判決
横浜地裁で(3月21日)

交通事故原因の調査専従班を新設
被害者支援に心理士配置も(3月5日)

日本てんかん学会特別セミナー
(2月27日)

法改正署名5万人超える
鹿沼事故遺族の会(2月18日)

糖尿病患者による死亡事故
低血糖意識障害が原因(2月1日)

法改正署名2万8000人
鹿沼事故遺族の会(1月29日)

法改正署名1万人を超える
鹿沼事故遺族の会(1月8日)

禁固2年4月の判決
鹿児島多重衝突事故(1月6日)

懲役7年が確定
クレーン車死亡事故(1月5日)

2011年

法律改正を求め署名活動
クレーン車死亡事故(12月23日)

上限の懲役7年の判決
クレーン車死亡事故(12月19日)

遺族34人が3億8千万円の賠償請求
クレーン車死亡事故(12月10日)

無罪を主張し控訴
四日市踏切事故(12月2日)

禁固2年10月の実刑判決
四日市踏切事故(11月30日)

クレーン車死亡事故裁判が結審
懲役7年を求刑(11月24日)

宇キ宮地裁で初公判
起訴内容認める(9月28日)

運転免許制度の理解促進へ
協会がポスター作成(9月19日)

四日市踏切死亡事故の裁判
損害賠償と過失致死罪(9月12日)

福山市の学童重軽傷事故
禁固1年の判決(8月8日)

クレーン車事故の公判日程
9月28日が初公判(8月10日)

松江市の死傷事故公判
怠薬の重大さを指摘(6月17日)

交通安全と社会参加の両立のために
運転適性相談窓口の利用を(6月2日)

とちぎテレビで特集「てんかん」
クレーン車事故に関連して(5月23日)

栃木県警から支部に協力依頼
正しく運転免許を取ろう(5月17日)

協会や学会へ警察庁が協力要請
鹿沼クレーン車事故(5月9日)

鹿沼市クレーン車死亡事故
てんかん協会が声明発表(4月21日)

「障害者の欠格条項見直し」とは
(4月21日、改訂9月25日)