2017年

てんかんと指定難病
(6月10日)
てんかん地域診療連携体制事業
報告書(4月4日)

2016年

てんかん地域診療連携体制モデル事業
モデル事業2年目(10月3日)
27年ぶりの抗てんかん新薬
フィコンパ錠がエーザイから(3月29日)
てんかん地域診療連携体制モデル事業
全国8県で実施、栃木県でも(1月6日)

2015年

ラミクタールで重い皮膚障害
厚労省が注意喚起発表(2月4日)

2013年

専門医制度に関する要望書を提出
厚生労働大臣に(9月30日)
レベチラセタムの添付文書の重要事項追加で
学会が誤解注意の喚起の文書(6月4日)

2012年

「ジェネリック医薬品Q&A」
厚労省が作成(3月31日)
処方日数は本当に長くなった?
長期投薬が解禁されて10年(2月17日)

2012年

レベチラセタム使用上の注意改訂
(6月7日)

2011年

後発薬の類似の商品名で「ヒヤリハット」
医薬品・医療機器等対策部会(9月1日)
2010年

救急搬送の判別基準の作成へ
一般向けマニュアルも(11月18日)
処方せんの使用期間
交付の日を含めて4日以内(9月30日)
イーケプラ錠の有効性と新発売について
薬事日報など(9月22日)
新薬の昨年度総審査期間、2.8か月短縮
医薬品医療機器総合機構(6月9日)
レベチラセタム(イーケプラ錠)を承認
薬食審医薬品第一部会(6月3日)
2008年度の後発品シェア
数量ベースで17.6%(5月19日)
医療上の必要性の高い
未承認薬・適応外薬検討会議(5月18日)
自立支援医療の利用者負担
中間所得層で軽減措置(4月6日)
医療ADR推進へ
厚労省で連絡調整会議が初会合(3月26日)

医薬品開発の期間と費用
製薬協ニューズレター(3月15日)
清水弘之先生大会記念講演
(3月21日)
生活保護費による通院移送費の一部改正
(3月12日)

てんかん医療の新たな展開
市民公開講座(2月13日)


2009年

医療ADR、全国初の法相認証取得
千葉県のNPO法人(12月11日)

新たな後発医薬品の薬価基準
394品目が官報告示(11月13日)

広告が可能な専門医・歯科医・看護師名
一部修正(11月10日)

新型インフルワクチン接種優先
難治性てんかんも対象(10月29日)

未承認薬の開発支援にブレーキ
スチリペントールにも?(10月8日)

国内で治験準備中又は実施中の
抗てんかん薬(10月1日)

ドラッグ・ラグ解消に光明
PMDAのパフォーマンス向上(9月11日)

新型インフルエンザとてんかん
(8月31日)

臭化カリウム・臭化ナトリウムの安定供給
小児神経学会が要望書(8月12日)

広告が可能な専門医・歯科医・看護師名
てんかん学会専門医は含まれず(7月23日)

読売新聞「医療ルネッサンス」に掲載
「てんかんを知ろう」(7月6日)

トピラマートの早期承認を要望
日本てんかん協会(7月9日)

熱中症で年間約20名が死亡
抗てんかん薬服用者は注意(6月19日)

国内で治験準備中又は実施中の
抗てんかん薬(6月12日)

ミダゾラムの早期承認について要望書
日本小児神経学会(6月4日)

新医薬品の審査期間
目標値との差が依然あり(5月15日)

後発薬の利用促進とてんかん発作の再発
後発医薬品の相談サービス(4月7日)

災害医療、薬の確保に課題
日本製薬協のフォーラム(3月12日)

治験準備中又は実施中の抗てんかん薬
4種類の抗てんかん薬(3月6日)

米欧製薬企業とのコスト・規模の比較
改善したがさらに強化が必要(3月6日)

「薬局ヒヤリ・ハット事例」のサイトを開設
日本医療機能評価機構(3月2日)

日本てんかん協会が厚労省に要望書
レベチラセタムの早期承認(1月29日)

ミオクロニーてんかん原因遺伝子欠如
による発症をマウスで確認(1月16日)


2008年

治験準備中・実施中医薬品の情報
未承認薬使用問題検討会議(12月19日)

日本小児神経学会が厚労省に要望
レベチラセタムについて(12月15日)

新薬「ラミクタール」(ラモトリギン)
発売を開始(12月12日)

新規収載の後発医薬品診療報酬
ニトラゼパムなど(11月7日)

新しい抗てんかん薬の販売承認
ラモトリギン(10月16日)

新医薬品の登場がはやくなる!
開発・審査承認期間の短縮(9月6日)

ジェネリック抗てんかん薬ついて提言
てんかん学会など(8月19日)

治験が開始されていない品目
未承認薬検討会議(7月12日)

ジェネリック医薬品の使用促進
プログラム実施状況(7月9日)

トピラマートの国内開発推進
小児神経学会など要望書(7月2日)

テグレトールの使用上の注意
厚労省が改訂を指示(4月25日)

ジェネリック抗てんかん薬の影響
小児神経学会が提言(3月24日)

未承認薬使用問題検討会議
抗てんかん薬等の情報(3月21日)

未承認薬使用問題検討会議
抗てんかん薬等の情報(1月31日)

フェニトイン薬価引き上げの要望
日本小児神経学会(1月7日)


2007年

未承認薬使用問題検討会議
抗てんかん薬等の情報(11月1日)

未承認薬使用問題検討会議
抗てんかん薬等の情報(10月24日)

未承認薬使用問題検討会議
3種の抗てんかん薬(10月2日)

ラモトリギンの審査の促進要望
日本てんかん協会(7月2日)

フォスフェニトイン開発企業
募集中(6月18日)

第12回治験あり方検討会
資料(3月8日)

準備中または実施中の治験薬
(3月2日)


2006年

治験活性化5カ年計画
新計画の素案(11月21日)

医薬品迅速提供の検討会
ヒアリング意見書(12月7日)

準備中または実施中の治験薬
(12月1日)

抗てんかん薬の臨床試験推進
要望書提出(11月27日)

日本の抗てんかん薬開発と
治験環境(10月1日)

ガバペン錠 新発売
(9月22日)

新抗てんかん薬ガバペン
製造販売承認(8月27日)

抗てんかん薬の早期治験
厚生省が要請(8月4日)

未承認抗てんかん薬報
オクスカルバゼピン(2月21日)

「治験」ホームページ
厚生労働省が開設